<   2004年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧
大人の科学マガジン
a0031719_2341529.jpg大人の科学マガジン

小学生の頃、学研の「科学」と「学習」が楽しみだった。私は「科学」派。付録の実験セットが目当てで毎月「まだかな、まだかなぁ〜♪」と届くのを心待ちにしていたものだった。で、今日近所の書店にいったら「大人の科学」なるものが山積みに。表紙は清志郎で付録が蓄音機だと。ううぇ〜、こりゃ買うしかない、ってんで早速購入して、蓄音機を家で組み立て。自分の手先の不器用さを呪いながらやっと完成。同じく付録についていたソノシートを聞いてみる。中には「学研のおばちゃんソング」も収録。ただし、音は一概に良いとはいえない。かろうじて微かに聞こえる程度。まぁ、部屋の飾りだね。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-11-20 23:41
殺戮にいたる病
a0031719_23191546.jpg書名:殺戮にいたる病
著者:我孫子武丸

ミステリ作家はどうやって読者をあっと言わせるか、にその全精力を傾ける。本作は犯人のサイコ・キラー蒲生稔が逮捕される瞬間から描かれる。つまり、この犯人は果たして一体誰なのか、という問いは無効化しておいて最後の瞬間に全てをひっくり返す仕掛けを用意する。いわゆる「叙述トリック」と呼ばれる手法。(読んでいない人のために 「」内は反転しておく。)
殺人の方法が残虐で読んでいて気分が悪くなるような作品だったが、(作者による)騙しのテクニックは上手。悔しいが「そういう手があったか」と最後にうなってしまった。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-11-20 23:19 | Book shelf
となりのジーコ先生
a0031719_1373277.jpg2ちゃんねるからのコピペです。

464 名前: [sage] 投稿日: 04/10/17 06:42:38 ID:WDcYzapk
となりのジーコ先生

ワールドカップ小学校 2年1くみ ひのもと じゃぱお

ぼくのいえのとなりに ジーコ先生という人がすんでいます。
ジーコ先生は 算数がとくいで、よくぼくに勉強をおしえてくれます。

きょうは そんな ジーコ先生のことを かきます。

ジーコ先生の 勉強の おしえかたは かわっています。
ワールドカップ小学校の おじゅけんのときにおしえてくれた かていきょうしの トルシエ先生は
「先生のいうとおりに こたえをかきなさい。
かんがえても わからないだろうから わたしがいう こたえを おぼえなさい」
とおしえてくれました。

でもジーコ先生は
「ここまでは おしえてあげるけど ここからさきは
じぶんで かんがえなさい」
とか
「このもんだいの ときかたは これと これがありますよ
じぶんが べんりだと おもうほうで といてごらんなさい」
といいます。

はじめは
「もっと かんたんに こたえだけ おしえてくれると いいのに」
とおもっていましたが、このごろは じぶんで かんがえて とくことが
できるように なってきました。

それに このごろは まだならっていない もんだいも じぶんの力で とけることが
あるので すこし あたまが よくなったような 気がします。
じぶんで かんがえて もんだいをとくのは じかんが かかったり
まちがいが おおかったりするけど できたときは すごく うれしいです。

つづきをよむ
[PR]
by seed_for_thought | 2004-11-18 01:38
月光ゲーム Yの悲劇'88
a0031719_039291.jpg書名:月光ゲーム Yの悲劇'88
著者:有栖川有栖

すげぇ、OSXのことえり、賢くなったなぁ。「有栖川有栖」って一発変換だもんなぁ。と。閑話休題。秋の名作ミステリを読むシリーズ。
キャンプにやってきた大学生達のグループが突然の火山の噴火によって退路を断たれる。「密室」状態になった現場で殺人事件が発生する。犠牲者の手元にはダイイングメッセージが。登場人物は全部でキャンプ場に来ていた17人。これだけたくさん登場人物がいると犯人探しも楽しめる。純粋に犯人探しに我を忘れる一冊。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-11-18 00:40 | Book shelf
高校生が選ぶ大学生に入ったら読みたい本
一位は 

ハリー・ポッター/J.K.ローリング

あとの順位はこちらでチェック。

ノーコメント。

ちなみに京大推理研が選んだミステリー50選はこちら
[PR]
by seed_for_thought | 2004-11-16 23:59 | Book shelf
ダイキリ、南極の氷、ハッピーバースデー、焼きそばパンなど
ダイキリ、南極の氷、ハッピーバースデー、焼きそばパンなど

土曜日。月イチのDJ@渋谷"4"。深まる秋をテーマに選曲。ライ・クーダー、憂歌団からはじめて、Buena Vista Social ClubからJAZZボーカルものに流れ、お約束だがJAZZネタのHIP HOPという選曲。合間に最近買ったレコードやロックステディなどを織り交ぜる。今宵のお酒はもちろん、ダイキリ。調子に乗って2杯ほど呑む。したたかに酔う。相棒のM沢クンはマティーニ。そのうちアデオスと呼ばれるね、間違いなく。
終電前に早上がりして、もう一件、知り合いの店までフラフラと徘徊。そしたら、何かの映画のクランクアップの打ち上げとかで、某女優お二人といぶし銀系俳優がいた。「芸能人は歯が命」じゃなかった「芸能人は顔小さいなぁ」などと思いつつ、ビール一本を店長と分けて呑む。タクって帰って、帰るなり寝たが案の定翌日曜日は二日酔い。
日曜日。洗濯などを済ませ、レコードを選ぶ。この日も渋谷4のスタッフ、Sナエ嬢、お客のNガオ氏、UNA嬢のバースデーパーティ。毎月誰かの誕生日にDJしているわけだが、一向にかまわない。ただレコードかけているだけで皆が楽しくなる気分を演出できる、というのはDJの至福。いつものとおり、指定された時間とおりに行くが誰もきてない。Sナエ嬢はJanet Jacksonのリズムネイション当時のコスプレ。今日のドリンク用の氷は南極の氷。遥か太古の気泡が混じった氷でソフトドリンクを割って呑む。昨夜の酒はまだ残っている。そのうち、Nガオ氏がPrinceの扮装、UNA嬢がエリカ・パドゥの扮装で登場。主賓が揃う。
で、Sナエ嬢のリクエスト通りROCKセット。
2回目の曲順など掲載してみる。
PETER GUN/EMERSON LAKE & PALMER
OH CAROLINA/SHAGGY
THE BUFF DANCE/MAW
HAPPY BIRTHDAY/STEVIE WONDER

→ここで乾杯&焼きそばパン型のバースデーケーキ登場
I WAS MADE FOR LOVIN' YOU/KISS
IF YOU LOVE SOMEBODY SET THEM FREE/STING
THE LOOK OF LOVE/ABC
MOVE YOUR FEET/JUNIOR SENIOR
HONKEY TONK WOMEN/ THE POGUES
SHOULD I STAY OR SHOULD I GO?/THE CLASH
SABOTAGE/BEASTIE BOYS
JOKER/FATBOY SLIM
SOMEDAY/SUGAR RAY
TAP THE "BOTTLE"/YOUNG BLACK TEENAGERS
DON'T GET ME WRONG/THE PRETENDERS
LITTLE GREEN BAG/THE JORGE BAKER SELECTION
THE CATS ON A HOT TIN ROOF/THE BRIAN SETZER ORCHESTRA

毎晩パーティーならいいのにね、秋。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-11-16 00:45 | Life
黄色い部屋の謎
a0031719_00342.jpg書名:黄色い部屋の謎
Le Mystere De La Chambre Jaune
著者:ガストン・ルルー
Gaston Leroux
訳者:山崎嶺雄

フランス古典ミステリー。密室の謎と心理トリックの複合技。やはりミステリの黄金期は科学捜査などが発展していない時代ではないか。現代の捜査方法なら容易く解けてしまうであろう事件も、そうしたものが存在さえしていない時代では事件を解くために一番頼りにされるのが名探偵の「推理」でしかない。新聞記者である10代の若き探偵、ルールタビーユがその推理力を駆使して密室の謎を解く。
ガストン・ルルーはあの「オペラ座の怪人」の作者でもある。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-11-16 00:01 | Vinyl+Music
ビースティ・ボーイズ、「サンプリング裁判」で勝訴
a0031719_22593527.jpgビースティ・ボーイズ、「サンプリング裁判」で勝訴

サンプリングしたループを作品に使用した場合、レコード会社へのライセンス料以外に作曲者にも別途支払いをすべきか——。ビースティ・ボーイズとサンプル「元」のフルート奏者との裁判が決着した。(ロイター)

 他の楽曲の断片を自分の作品の中に組み込む音楽スタイル、サンプリング手法に関し、パンクラップグループのビースティ・ボーイズは米連邦高裁で勝訴した。

 米第9巡回控訴裁判所は2003年に、同グループがフルート奏者のジェームズ・ニュートン氏が1978年に作曲した「Choir」から6秒間を取り出して使用することを認可するとの裁定を下した。この裁定に対する再審議の要請を、同裁判所は11月9日に却下した。

 2003年には同グループはニュートン氏の録音物のサンプルについてライセンス料を支払うことで著作権保護に従っており、それ故に構成物である楽曲について付加的な料金を支払う必要はないとの判決が、3人の判事により下されている。

以下、略 続きはリンク先で
*
先日もサンプリングに関するトピックを紹介しましたが、きちんと権利処理していてもこうした訴訟沙汰がおこるのは、一定のギャランティが"本来の作曲者"よりレコード会社、原盤管理会社に多く配分されているのではないか?と思ってしまった。米の著作権管理の仕組みはよく知らないけど。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-11-11 22:59 | Vinyl+Music
占星術殺人事件
a0031719_0244430.jpg書名:占星術殺人事件
著者:島田荘司

島田荘司氏のデビュー作。昭和11年、2.26事件により帝都が震撼する夜、時を同じくして一人の画家が密室で何者かによって殺される。この画家が書き残した遺書には6人の処女から肉体各部を切り取り星座に合わせて新しい人体を創るという狂気に満ちたものだった。そしてその1ヶ月後、6人の女性が行方不明となり、やがて遺書に指定された方法に忠実に処理されて山中から発見される。酸鼻を極めた猟奇事件は大戦をはさんで迷宮入り、40余年を越えて名探偵御手洗潔がこの謎に挑む。
さすが、傑作と呼ばれているだけあって読み出したら止まらない。二度にわたる読者への「挑戦状」も挟まれてまさに「本格」のお手本のような作品。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-11-09 00:25 | Book shelf
みんな元気。
a0031719_053284.jpg書名:みんな元気。
著者:舞城王太郎

舞城の最新刊。『新潮』誌上にここ1年くらいに発表された作品4本と書き下ろしを単行本化。とにかくこの人は筆が早い。ただ、最近の作品はモチーフが似通ってて、個々の作品はそのバリエーション。レゲエの7吋みたいに同じリディムで何十枚も発売になるような、そんなリリースのされ方。それはそれで面白い。
自己の内面を微分していって、ひっくり返ってそのまま極大化してセカイそのもの、になってしまう、という文体は相変わらず。個人的には暴力味が薄い、「我が家のトトロ」が一番好き。
ちなみにこの作品の発売を記念して都内の書店30店で『舞城王太郎のバラバラPOP漫画 on 山の手線!!』という企画が進行中。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-11-07 00:06 | Book shelf