クリスマスのフロスト
a0031719_2340087.jpg書名:クリスマスのフロスト
FROST AT CHRISTMAS
著者:R.D.ウィングフィールド
R.D.Wingfield
訳者:芹澤恵

クリスマスまでカウントダウンですね、世の中。私はというと一日中家に引きこもってドラクエやって、ミステリ読んでって、そういう世の中の流れとは無縁な生活です。
さて、本作はデントン警察署に遠くロンドンから赴任した新米刑事と荒唐無稽、品行下劣、でも仕事中毒と経験に裏打ちされた直感が冴えまくるフロスト刑事の物語。クリスマス間近にある少女が行方不明になる。捜索を重ねるうちに連鎖的に起こる事件。フロストが冒頭にて銃弾に撃たれたのは何故か?
下ネタ連発したり、人情に厚かったり、あくまで現場主義だったり、とにかくフロスト刑事のキャラクタが良い。日本版として北野武にフロスト役をキャスティングしたらどうか。(って、さっきまで座頭市観てたからだけど)
[PR]
by seed_for_thought | 2004-11-28 23:40 | Book shelf
<< 80年代日本のストリートロック... 今日からしばらく >>