THE WRONG GOODBYE  ロング・グッドバイ
a0031719_042794.jpg書名:THE WRONG GOODBYE  ロング・グッドバイ
著者:矢作俊彦

タイトルはいわずもがな、ハードボイルドの金字塔、レイモンド・チャンドラーの"THE LONG GOODBYE"をもじったもの。久しぶりの書き下ろしハードボイルドにあえてこのタイトルをつけるのは、それだけ矢作氏の仕事ぶりに脂が乗っているということだろう。
で、この週末一気読み。矢作節炸裂。ハードボイルドは男の教科書。酒の呑み方、やせ我慢の仕方、友情の守り方、信じるものを追い続けること、権力になびかないこと。そういうものを主人公が愚直に、てらいもなく語り続ける。ハードボイルドの作法に則って物語の結末まで加速する。チャンドラーの名セリフ、「さよならをいうのはわずかのあいだ死ぬことだ」を意識して物語の最期に用意するのは矢作なりのひねりを利かせたセリフ。
チャンドラーのLONG GOODBYEと合わせて是非、読んで欲しい。そしてどこかのバーでハードボイルドを気取りながら「パパ・ドーブレ」を呑みませんか?
[PR]
by seed_for_thought | 2004-11-01 00:05 | Book shelf
<< エミネムの反ブッシュ・ソングのアニメ Fatboy's Ha... >>