皇帝のかぎ煙草入れ
a0031719_23335851.jpg書名:皇帝のかぎ煙草入れ
原題:THE EMPEROR'S SNUFF-BOX
著者:ジョン・ディクスン・カー
訳者:井上一夫

古典ミステリを読む。今回は<不可能犯罪の作家>と呼ばれるカーの中期の傑作。この人の作品は初読。
うん、よく出来てる。久々に犯人とトリックを類推しながら、物語を行ったり来たりしながら楽しむ。作者が仕組んだ仕掛けを「ホントにそんなこと書いてあったっけ?」と読んでみて、なるほど事件解決に至る経路にたった一粒のヒントが隠されている。優れたミステリはすばらしい料理にも似て、トリックという調味料を目立たずさりげなく忍び込ませる。この作品もその一つ。

明日からは広島へ出張。行き帰りに一冊読めるかな。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-10-25 23:34 | Book shelf
<< 小雨まじりの広島から 4@渋谷 T氏Birthday... >>