<   2004年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧
小川未明童話集 赤いろうそくと人魚
a0031719_23245827.jpg書名:小川未明童話集 赤いろうそくと人魚
著者:小川未明

たまにはこういうのを読むのもいいかな、と選ぶ。夏になると恒例の、新潮文庫の100冊のうちの1冊。ひとつひとつが5ページから10ページ程度からなる小品。毛色は違うけど星新一のショートショートのような味わい。
童話と言ってもハッピーエンドで終わるようなものでも、教訓譚でもない。淡々としたお話が散文詩のようで、あっけない終わり方。例えば病気の男の子がいて、きっと病気が治って元気になるんだろうな、と思って読んでいたら三日後に死んでしまったり、子供がいなくなった北の海のアザラシに月がきっとみつけましょう、と約束しても結局子供はみつからず、南の国の楽団の太鼓を渡すだけ、アザラシが太鼓を叩いておしまい。などなど。おいおいこんな終わり方不条理すぎるだろ、と突っ込みながら読むのもまた楽し。

さて、今日で小、中、高校生は夏休みが終わりですね。夏休みの読書感想文は書き終わりましたか?書き終わっていない方はこちらのサイトでもどうぞ。

悩める青少年に朗報!読書感想文は1行読めば書ける!
[PR]
by seed_for_thought | 2004-08-31 23:26 | Book shelf
猟盤日記 Street Signs /Ozomatliなど
a0031719_23193694.jpg猟盤日記 Street Signs /Ozomatliなど
ここ1ヶ月ほど、いろんな出費があったり、休みの日に予定が入ったりでレコードを買いに行けなかった。こんなに長い期間レコードを買わなかったのは数年ぶり。で、ちょっとした用事を新宿ですませるついでにCISCOに立ち寄る。(結局レコードを買うのがメインになってしまったのだが)で、購入したレコードが以下。
(◎はアルバム、○は12吋シングル、●7吋シングル。基本的には全てアナログ盤)

1◎REGGAE GOLD 2004 / V.A.
2◎STREET SIGNS / OZOMATLI
3○STAY COOL / THE ROOTS
4○MELTING POT(Ritual Session) / BOOKER T & THE MG'S
5○A LITTELE SAMBA / UGLY DUCKLING
あんまり買わないようにしよう、と思い5枚でセーブ。
新宿で用事を済ませて、さて、家に帰るか、と、その前に高田馬場のレコ屋にもよるか。と思ったのが間違い。せっかく5枚でセーブしたのに、レコ屋に入ったら何か買わなきゃ気が済まない性格だってよくわかっているのに。
6◎THE HUSTLER / WILLIE COLON
7◎ECHOS OF AN ERA / CHARLIE PALMERI
8◎de・i・ni・tions / THE ORIGINALS
9○YEAH,YEAH,YEAH,YEAH / THE POGUES
10○GOLDFINGER99 / HIROMI GO

各レコードの感想はこちら
[PR]
by seed_for_thought | 2004-08-29 23:18 | Vinyl+Music
WACK WACK Live @青山CAY
a0031719_21505717.jpgWACK WACK Live @青山CAY

 WACKのライブが青山CAYであるというのでお出かけ。
メンバーと会うのは27時間TVぶり。聞くとあの番組の反響は大きかったらしい。まずはみんなと乾杯。本番は午前2時半と言うからあんまり酔っぱらわないようにセーブしつつも呑む。ゲップをしながら2杯3杯と呑む。
 この日のほかの出演バンドはBAGDAD CAFE THE trench town, TOYONO。どちらも未聴のバンドであったので期待してみる。まずはTOYONOのライブから。ブラジルもの。演奏は非常に上手。ヴォーカルのTOYONO嬢も良い。あえて言うなら上手過ぎ。この辺の音を作っている人は今たくさんいるので、へたくそでも何か引っかかるものがあった方がよいのに。評論家みたいですね、偉そーですね。
 それから、BAGDAD CAFE THE trench town。こちらは非常にオーソドックスなレゲエでした。大阪発、ということでオーセンティックなスカっぽいバンドかと思いきや(いい意味で)非常にベタなレゲエでした。こちらも非常に演奏がうまい。特にベースとドラム。10年前と比べたら日本のバンドの演奏力は格段に上がっているのではないでしょうか。それでまた演奏力以上に「レゲエ」という音楽が血肉になっているというか、借り物じゃない表現をしているのがすげぇなぁ、と思ったのでした。
 バンドとバンドの合間にはクボタタケシ、山名昇のDJがあり、(もちろん、どちらも良かった、というかうまい)いよいよ、WACKの登場。
 WACKはもう長い付き合いだけどライブを見るのは久しぶり。昔と全然変わらない。もちろんこちらもいい意味で。ずっと長く音楽をやり続ける事、一つのことしかやらない不器用さ。そういうことが凝縮されたステージ。いや、いいもんです。いいものを見させてもらいました。

ブラジルあり、レゲエあり、FUNKあり、なんでもありだった一夜。こんなパーティー、最近なかったから大満足でありました。
写真はWACKのステージ。楽しそうですね。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-08-29 21:49 | Life
日産ステージアのCM曲
日産ステージアのCM曲

カルロス・ゴーンが日産に来て何が変わったか、というとCMの曲。
Xtrail のクラッシュ、I Fought the Lawとかね。
で、最近テレビを漫然と眺めてたら、どこかで聴いた声が聞こえてきて、急いで画面下に表示されているアーティストをチェックしたらホセ・フェリシアーノだった。しかも、カバー曲がキャット・スティーブンスのワイルド・ワールド。
う〜ん、センスいい。
まぁ、私のような人間にCM曲でバシッと訴求しても購買には繋がりませんから。ええ。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-08-24 23:20
今日恵比寿で
今日、仕事で恵比寿に行きましたところ。。。。。

続きを読む
[PR]
by seed_for_thought | 2004-08-24 00:44
幻影城
a0031719_23485379.jpg幻影城
 昨日は池袋東武百貨店で開催されている「江戸川乱歩と大衆の20世紀展」に行ってきました。 いくら夏休みとはいえ、乱歩という作家のイベントならそんなに混んではいないだろう、と思ったら大間違い。会場は親子連れからミステリ上級者(と思われる好事家)でごった返し。あらためて乱歩の人気の大きさを知ったのでした。
  デパートの催事なので、そんなに奥深い内容とは言えないけど(もちろん、子供も来るから乱歩作品の艶やかな面もそんなに大きく展示できないし)それなりの展示内容でした。
例えば、乱歩所蔵の井原西鶴「好色一代男」の初版本、直筆の原稿、乱歩が書きためたツリック(トリック)帳(ヴァン・ダインの「グリーン家殺人事件」の分析などがあった)も見る事ができて、会場さえ空いていればもっとよかったのに、という感じでした。
  で、今回の催事の目玉は同じ池袋、立教大学の敷地内にある乱歩の自宅、その隣にある蔵の公開。この蔵には乱歩の蔵書が納められ、いつしか「幻影城」と呼ばれるようになった、言うなれば今も残る乱歩の脳髄の一部。これは見るしかないでしょ、と勇んで行ったものの1時間待ち。
で、おとなしく並んでやっと入れる、と思ったら蔵の入り口から中を覗くだけ。観覧時間たったの5分。残念。
写真は薄暮に浮かぶ幻影城の外観
[PR]
by seed_for_thought | 2004-08-23 23:48
PlayStation 3予約開始
a0031719_15250100.jpgPlayStation 3予約開始
まだ、発売日も仕様も明らかになっていないのに、amazonで予約開始してますね。私はこの前PS2を買ったばかりなのに。(しかもPS2のゲームは購入せず、DVDばっかり見ている)

PS3に関する情報は
ソニー:東芝とIBMに出資、次世代ネット家電向けMPU来年量産
「PS3お披露目は来年春、可動実機は来年E3に登場」——ソニー久夛良木氏
次世代プレイステーションはOpenGL系になる?
などなど。
個人的にはゲームの進化はもう限界に来ていると思っている。
グラフィックのゴージャスさが決してゲームの本質的な面白さではない、ということをファミコンミニの実売が270万本に達するというニュースが証明している。CPUの機能向上などのスペック向上がグラフィックなどの処理能力向上に単純に進んで行くというこれまでのゲーム機の進化はそろそろ別の方向にベクトルを向けるべきでしょう。。
「テレビにつないで、コントローラーを手で操る」という基本機能、というかコンセプトからどうやって逸脱するか、という点で進歩を期待したい。
写真はみんなのアイドル、くたたん
[PR]
by seed_for_thought | 2004-08-22 01:51
ネットで普及する音楽「マッシュアップ」は著作権の常識を変えるか
a0031719_015533.jpgネットで普及する音楽「マッシュアップ」は著作権の常識を変えるか

先ごろ、ミュージシャンのデビッド・ボウイが、ファンを対象に自分の楽曲のうち2曲を選び、リミックスして新しい曲を作るコンテストを開催した。最優秀作品の作者には賞品として最新型のスポーツカーが贈られる。このコンテストにより、DJの間で支持されている1つの芸術形式が、大手音楽界の注目を集めることになった。

 かねてから、DJの間では「マッシュアップ」と呼ばれる新たなリミックスのスタイルが使われている。当初イギリスで作られていたマッシュアップは、その後米国をはじめとする他の国々へと広まっていった。これは2つの曲を合わせて1つの曲にするというもので、片方の曲からメロディーを、もう一方の曲からボーカルを取り出して曲を作るのが一般的だ。

後略、続きはリンク先

*
こういうのをマッシュアップというのか。知らなかった。
そういう知識なしで少し前からお気に入りにしていたのはこちら。"go home productions"
写真もここから引用
[PR]
by seed_for_thought | 2004-08-20 00:00
スパイダーマン
a0031719_0321263.jpgあんまりネタがないので貯め込んでいたブックマークをチェックしてたらそういえばこんなのがあった。
スパイダーマンが動くぞ!

ほかにも色々あるぞ。

AA関係のリンクはこちら
ROCKなAA

jpgファイルを変換
[PR]
by seed_for_thought | 2004-08-19 00:31
介護入門
a0031719_0185442.jpg書名:介護入門
著者:モブノリオ

 文藝春秋に掲載されたものを読了。結局、前回の「蹴りたい背中」も文藝春秋買って読んでるので、文藝春秋の罠にまんまとハマっているわけです。
本作を読む前に今回の芥川賞の選評をチェック。石原慎太郎が舞城王太郎を全否定、この「介護入門」も物足りない、とばっさり。頭の固いおやじだな。目パチパチしてろ、と。(とはいえ、両作とも芥川賞にふさわしい作品か、というと微妙ですが)今回は舞城を推す山田詠美と池澤夏樹2名とモブを推す人たちで別れ結局はモブの受賞となった模様。さて、先日読んだ舞城の「好き好き・・・」とどちらが良いか読み比べです。

続きを読む
[PR]
by seed_for_thought | 2004-08-18 00:21 | Book shelf