カテゴリ:mag( 4 )
ファウストvol.4と月刊PLAYBOY1月号
a0031719_21161519.gifファウストはミステリ専門誌のメフィストの弟分としてリリース、年三回刊行ですでにVOL.4。毎回舞城王太郎が寄稿しているのでついつい、買ってしまう。なんと、VOL.1はヤフオクで5,000円がついているそう。
今回は結構読みでがあって、巻頭では乙一、佐藤友哉、北川猛邦、西尾維新、滝本竜彦の文芸合宿。これは沖縄に3泊4日してその間に各人が「上京」というテーマで短編を書き上げ、もう一つリレー小説も制作する、というもの。あとは、舞城の新作、ミステリをテーマにした作品「夜中に井戸がやってくる」。最近の短編の中ではかなりよい出来。それと、本誌編集長の太田氏と「新潮」の編集長矢野氏の対談。私の好きなブコウスキーの「まちで一番の美女」、阿部和重の「インディビジュアル・プロジェクション」が矢野氏の編集だったとは知らなかった。知らない間にこの人のテイストに影響を受けていたとは。などなど。
PLAYBOYは春先にモータウン特集をやったり、最近では建築家安藤氏をフューチャーしたりして、編集者が変わったのか?と思わせる充実ぶり。今回はBLUE NOTE特集とプレイメイトカレンダーが付録ということで迷わず購入。BLUE NOTE特集はそんなに深く突っ込んだ記事ではないにしろ、あまり見たことがなかった写真が多く掲載されていて目に楽し。もちろん、グラビアもね。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-12-06 21:16 | mag
「艶女」と書いて何と読む?
a0031719_22211230.jpg「艶女」と書いて何と読む?

答え:アデージョ
だそうです。なんかこうも開き直られると、かえってすがすがしい気もいたします。
9/28創刊の「NIKITA」より。
ちなみに艶男と書いて「アデオス」と読むそうです。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-09-28 22:21 | mag
relax 9月号 pet sounds
a0031719_23574234.gifrelax 9月号 pet sounds

relax9月号を購入。今月は表紙のイラストからもわかる通りthe beach boysのpet sounds特集。私はbeach boysのアルバムはこのpet soundsしか聴いていないが、やっぱり定番、何かのタイミングで聴き直しその度にその隠された魅力に一つずつ気がつくような、そんなアルバム。(そんなアルバムは多分デラソウルの1stとビートルズのsgt.peppersくらいか)
特集記事で面白かったのは柴田元幸吉田戦車などによる歌詞対訳。柴田氏といったらポール・オースターの翻訳をしていたり、あの小沢健二の大学時代の先生だったり、という訳でこの人が"wouldn't it be nice"の対訳をすると、やっぱりシンプルな言葉であの曲のイメージを伝えていて、流石だなぁと思うのでした。
ちなみにこのアルバムの中で一番好きな曲は"I just wasn't made for these times"かなぁ。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-08-13 23:59 | mag
STUDIO VOICE 8月号
a0031719_233435.gif毎月買っているわけではないけど、気になる特集の時にはついつい買ってしまうSTUDIO VOICE。今月号の特集が「クラブカルチャー伝説80's」とくれば買わないわけにはいかないでしょ。
私の場合、88年に大学入学・上京なので、80年代の本流のクラブカルチャー(所謂第一世代)に染まったわけではなく、90年代初期(第二世代)にハマったクチ。私にとってのクラブといえば阿佐ヶ谷のリッキーと下北沢のZOOくらい。
とはいえ、懐かしい場所の名前がいっぱい。30代で当時夜遊びをしてた人はノスタルジックになることうけあい。
しかし、相変わらずSTUDIO VOICEは字が小さい。
[PR]
by seed_for_thought | 2004-07-09 23:35 | mag