カテゴリ:Vinyl+Music( 70 )
猟盤日記 6月〜7月にかけて
a0031719_2211974.jpg最近、猟盤日記を更新していないからといってレコードを買っていない、というわけではないのです。むしろ、ここに書くのが面倒くさくなるほどレコードを買い過ぎてしまってるのでした。でも放っておくとこのまま報告するのがもっと億劫になってしまうので、気合いを入れて報告します。ってここ見てる人も少ないですけどね。あくまで自分のため。○はシングル12吋、●はシングル7吋、◎はアルバムです。特に注記がなければアナログです。全部で26枚。

01◎Monkey Business / the Black Eyed Peas
02○Across the Sky / Space Cowboys
03◎Voodoo-Party / James Last
04◎Salsa Sexy / Caunedo y su orquesta
05◎Buyu / Jose Mangual
06◎Superimposition / Eddie Palmieri
07◎the Best of El Chicles / El Chicles
08◎Even Now / Barry Manilow
09◎the Cisoco Kid / Reuben Wilson
10◎the Hits : Reloaded part. one / Kool & the Gang
11◎今年の夏はモア☆ベター / 森高千里
12◎Last Tango in Paris / O.S.T (写真)
13◎Urban Thermo Dynamics / Urban Thermo Dynamics
14◎Other Directions vol.1&2 / Nicola Conte
15○Covers EP pt.2 / V.A.
16○Remixs / Victor Davis
17○Chicago Boogie / V.A.
18○G.T.A. / Ced Twice
19○Can I Kick It ?(the VON TRAPP mix) / A.T.C.Q.
20○Getting over you / Hiroshi Fujiwara
21○Make up your mind / Aurra
22○This will be a night to remember
23○Helplessly / Moment of Truth
24◎Disco heat / Kenny Dope
25●Dance Hall Fever / Half Pint
26●Bullet with butterfly wings / Smashing Pumpkins

各作の簡単なコメントはこちらで。
[PR]
by seed_for_thought | 2005-07-10 22:02 | Vinyl+Music
ゲームソフト:Grand Theft Auto Vice City(PS2)
a0031719_0361779.jpgなにかと話題の多いこのシリーズ。残虐性が話題になっているけどゲーマーの評価は非常に高い。北米じゃ、最新作が発売になるといきなりミリオン越えているお化けソフト。なんでか?やっぱりPlayしてみないとわからない。ということで買ってみた。

刑務所から出てきた男はVice Cityというフロリダのような南部の都市にやってくる。街にくるなり麻薬の密売で下手を打ってしまって、なんとかその後始末をしなければならない。街をうろついて車を盗んで、時々裏社会のヤバい奴らから頼まれた悪事に手を染めて金を貯めて、いっぱしのギャングになる、簡単に言うとそういうソフトである。まだPlay時間で3〜4時間なので、きちんとレビューすることは出来ないけど。というか自由度が高くて何にもしないで平気で1時間経ってしまう。

時代設定は80年代中期、ということで、盗んだ車から流れてくるラジオには様々なラジオ局があって、マイケル・ジャクソン、Old School Hip Hop、70年代のレアグルーブ、ラテンミュージック、ハードロックなどなどが気分で選ぶ事ができる。サントラ盤としても秀逸。何もしないでドライブしているだけで気分はレザボアドッグズに出てきたギャングの気分を満喫できる。まさかゲームやっててLonny Liston Smithの"Expansion"が聴けるとは思ってもみなかったし、 夕焼けのビーチを車で流しながら、Kool & the Gangの"Summer Madness"が流れてきた日にゃあ、あまりにハマり過ぎて、「クリアする」ことがどうでもよくなってしまう。これまでやってきたゲームの文脈(というか約束事)とは明らかに違う。

確かに分別のない子供にこのゲームは毒気が強すぎる。販売方法についてはもちろん一定の配慮が必要だと思うが、巷にあふれる"暴力"と、このゲームソフトを線引きする定義を巡ってはもっと深い議論がされるべきだと思う。色々考えさせられるこのゲーム、もう少しまったりPlayしてみよう。
[PR]
by seed_for_thought | 2005-07-05 00:38 | Vinyl+Music
音楽
musical batonの猛威で、blog界隈じゃあどこもかしこも猫も杓子も俺の私の好きな音楽特集です。「音楽を消費する」っていうと、すぐに思い浮かぶのは「聴くこと」という意味合いだったけど、「語ること」というのも加えてもいいかも。誰もが簡単に好きな音楽の事を語ることができる環境とツールがいつのまにか一般化した、2005年の初夏。
[PR]
by seed_for_thought | 2005-06-21 23:26 | Vinyl+Music
無人島その2
haruhicoさんが、ご自身のblogでも無人島に持って行く10枚のCDを募集しておられた。私のところをご覧になって立ち上げられた企画、ということで既に無人島.comにUPしているものとは違う切り口で考えてみます。そして、TBしてみます。うおぉ〜なんかbloggerぽいことしてるぞ。

まずは、1300本&10万アクセスおめでとうございます。>haruhicoさん

さて。無人島に行くのは何も独りでなくてもいいのでしょう?愛する彼女と二人っきりで無人島に流れ着く、という妄想度100%シチュエーションで選んでみたら、途端に選ぶ基準が変わってきます。(というか、どうしてもエロ要素が混じってしまいます。)

こちらで選んだ10枚をどうぞ
[PR]
by seed_for_thought | 2005-06-21 00:00 | Vinyl+Music
Musical Baton
この前の「無人島にもっていく10枚のCD」に続く、音楽セレクト企画。
Musical Batonが「タソガレドキ」さんと「洛中蒼猴軒」さんから回ってきた。早速お答えします。

・Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
→1.02GB 
私のPCはHDDの容量が13GBしかないのであんまり音楽入れていない。
しかも、アナログ購入がメインだから、いちいちCDに落として、エンコードして、という手間がめんどくさい。

・Song playing right now(今聞いている曲)
→the Black Eyed Peas / PUMP IT

・The last CD I bought (最後に買った CD)
→Tei Towa / Flash
最後に買ったアナログは上記Black eyed peasだけど。

・Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
1. the PUNKS / かったりぃ
大学時代に組んでいたバンドの曲。Stack-a-leeをもじったもの。
ボーカリストはある日突然あの世に逝ってしまった。もうすぐ三回忌だ。
2. COOL SPOON / Elegant girl's thinking
自分で言うのもなんだが、この曲は名曲だと思う。
スタジオで録音する時、音が重なって行く過程は奇跡が起こっているような気がした。
3. 佐野元春 / Someday
中学の時、陸上部だった。
グラウンドをジョギングする時、この曲をいつも口づさんでいた。
青臭かった俺、この曲を聴いている事が背伸びしていることだと思っていた中二病。
4. Todd Rundgren / I saw the light
好きな子にカセットテープを作ってあげるときに、ついついこの曲を入れてしまう。
恥ずかしい。
5. the Clash / Revolution Rock
最近、なんだかんだでClashだな、とつくづく思う。アナログで買い直したし。
一通りの音楽を聴いてきて、レゲエの魅力やPunkの格好良さがやっと分かってきた気がする。そういう音楽体験の中心にClash というバンドはどっかり鎮座している。

Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)
さて、そんなにblogでの知り合いもいないし、困ったなぁ。

BODY☆TALK
Sweet and Spicy
メモクリップ
だてちんのDrink or Die
ペリキート・サルミエントの千鳥足

の5名様にお願いします。
[PR]
by seed_for_thought | 2005-06-18 00:10 | Vinyl+Music
無人島に持っていく10枚のCD
a0031719_21434320.jpg無人島に持っていくCD(またはレコードは?)というネタは、呑んだときの定番のつまみだったりする。俺はこれとこれだな、いや俺はこれ、なんつって話に花が咲くものです。で、その無人島に持っていく10枚のCDを登録できるサイトを教えていただいた。
コチラ

で、早速私も登録してみた。現時点の10枚。多分、時々の気分によって色々変わるだろうけど。

無人島にCDを持っていくのなら、当然CDプレイヤーも必要なわけで、それだけの荷物持っていくのなら、10000曲入れたiPodを持っていった方が退屈しなくて済む気もするが、「たった10枚」という制約があるからこういう企画が成立する気もする。

写真はウンベルト・エーコの「前日島」
[PR]
by seed_for_thought | 2005-06-14 21:45 | Vinyl+Music
シスコ新宿アルタ店が閉店
a0031719_093836.gifシスコ新宿アルタ店が閉店するようだ。詳細はこちらで

アナログレコードの販売のメッカはかつては新宿だった。西新宿の一帯を回って、新譜はアルタのシスコでチェック。というのが80年代〜90年代中頃までの主流だったんじゃなかろうか。ところがここ数年は新譜購入の中心は新宿から渋谷に移っていた。ライブハウス=ロックが結びついた新宿とクラブミュージックが結びついた渋谷、という音楽的変遷を持ち出すのは短絡的だろうか。
で、近年の新宿アルタ店の凋落ぶりは激しくて、魅力のない店になってしまっていたけど、やっぱり洋楽の新譜をチェックしに通いつめた思い出の店である。この店が閉まってしまうのは、単純に寂しいし、新宿に立ち寄る理由をひとつ失った。
[PR]
by seed_for_thought | 2005-06-11 00:08 | Vinyl+Music
猟盤日記:DUBからHIP HOP経由、ハウスに行って結局Clashに至る16枚
a0031719_157682.jpgここ1ヶ月は忙しくてレコード屋に行く時間を取れなかった。頭が仕事のこと、というか新しい知識で一杯になると他のことに気が回らなくなるから、どうせレコード屋に行っても惰性で買ってしまうだろうし、抑制していてちょうどよい、そんな1ヶ月だった。それでも、給料が出て、職場が渋谷だったら、当然レコード買いにいくしかないでしょー!GO,GO,GO!ということでDMRで買ったのが以下の11枚。

01◎King of the Dub Rock / Sir Coxson Sound
02◎Reggae Goodies Vol.2 / V.A.
03◎International Hot / Raulzinho-Impact8
04○Marvin & Stevie E.P. / 7 SAMURAI
05○Carlton's Mood For Love / Carlton & His Shoes
06○The SWED.U.S.H Connection / Dj Chicken George Presents
07○Sleepwalking / ONE. BE. LO.
08○MOTOWN remixed volume 3 Chill / V.A.
09○The Vibe / niamaj
10○Sunshine's Still on our side / Speech Defect
11●蜃気楼の街 / Reggae Disco Rockers
んで、本日、土曜日。肩こりがひどいのでマッサージ、その後高田馬場のレコファンへ。
そこで買ったのが以下の5枚。
12○Let it be me / James Brown & Lyn Collins
13○Owner of a lonely heart / Max Graham VS YES
14◎PAN AM the Sound of 70's / Yoshinori Sunahara
15◎Flash / Tei Towa
16◎London Calling / The Clash

各作品の簡単なコメントはこちらへ
[PR]
by seed_for_thought | 2005-05-29 01:13 | Vinyl+Music
歴代ベスト・ロンドン・ギグ、トップ10
歴代ベスト・ロンドン・ギグ、トップ10
『Time Out』マガジンが、これまでにロンドンで行なわれたベスト・ギグのトップ10を発表した。1位に選ばれたのは、'77年にフィンズベリー・パークのレインボー・シアターで行なわれたザ・クラッシュのコンサート。ザ・ジャム、バズコックスなどがオープニングを務めている。故ジョー・ストラマーは、このギグを「俺たちは正しい時に、正しい場所で正しいことをした」と表していたという。

(中略)

『Time Out』は発表した“ロンドンのグレーテスト・ギグ”トップ10は――

1.ザ・クラッシュ/レインボー・シアター('77年5月9日)
2.ブライアン・ウィルソン/ロイヤル・フェスティヴァル・ホール('04年2月20日)
3.スティービー・ワンダー/レインボー・シアター('74年2月24日)
4.ローリング・ストーンズ/クロウダディ・クラブ・リッチモンド('63年4月28日)
5.デューク・エリントン/ロンドン・パラディアム('33年6月12日)
6.N*E*R*D & J・ティンバーレイク/ブリクストン・アカデミー('03年11月9日)
7.ボブ・マーリー/ライシーアム・ボールルーム('75年7月17日)
8.ザ・スミス/ジュビリー・ガーデンズ('84年6月10日)
9.ホワイト・ストライプス/カムデン・ディングウォールズ('01年7月30日)
10.ザ・ビートルズ/ピガル・ピカデリー('63年4月21日)
全文はこちらで

TOP10はつけられないけど、僕の印象に残っているライブは

1.A Tribe Called Quest, De La Soul, Pharcyde / 渋谷On Air
2.galliano / 新宿リキッドルーム
3.Ramones / MZA有明
4.P-Funk all stars / 舞浜のどこか大きなところ。場所を思い出せない
5.the ピーズ/下北沢屋根裏
6.マイクロフォンペイジャー/下北沢スリッツ
7.Hair/川崎クラブチッタ
8.Stevie Wonder / 埼玉スーパーアリーナ
9.Jurassic 5 / 千葉マリンスタジアム
10.Ska Frames,Tokyo No.1 Soul set/ 日比谷野音

1は確か初来日。今思うとめちゃくちゃ豪華な組み合わせ。
オザケンとまりなちゃんが一緒に来ていた。
2は前座をやった。ミックタルボットに会った。顔がでかかった。
3も初来日。Jun Sky Walkersが前座やってた。
ライブ後、会場前で交通事故があったのを覚えてる。
4はとにかく黒人には体力はかなわない、ということを思い知らされた。
5は大学は入りたてのころ。最強だった。憧れた。
6は日本人でこんなに格好良くHIP HOPをやっている人達がいることにとにかく衝撃を受けた。
7はMODSMAYDAYで。この頃のルイは滅茶苦茶かっこ良かった。
8はつい最近。一番最初の曲がGolden Ladyで思わず涙が出た。
9は去年のサマソニで。カットケミストがすごいこすってた。
10はもう10年前。共演した。あれからもう10年、月日の流れの早さに愕然とする。そして、どちらのバンドも現役なのに敬服する。
[PR]
by seed_for_thought | 2005-05-25 00:07 | Vinyl+Music
NO PROBLEM
a0031719_22223676.jpg昨夜は渋谷のMeWeというお店の3周年の記念パーティ。店長のD氏とは恵比寿にあった次郎長バー以来の友人。そういう訳で節目のイベントの時にはいつもDJを頼まれる。お店に行くと3周年記念のTシャツ(写真)が売られていて、みんな着てるので私も購入。ロゴには"NO PROBLEM"。実は最初にかけようと思った曲はMUTE BEATの"NO PROBLEM"だったので、このシンクロニシティに我ながらびっくり。ただし、曲をかけても誰も気がつかなかったけど。
末永く、NO PROBLEMで商売繁盛だといいね。
[PR]
by seed_for_thought | 2005-05-15 22:24 | Vinyl+Music