地震、DJ、マーレーズ、ライムスター、スクービードゥー
土日をまとめて。
土曜日。「エウレカセブンDVD発売記念イベント」にバンダイから招待を受けたので行く。少年少女に混じってアニメ観賞後、声優さんのトークショー中に地震が。すごい揺れで壇上の声優さんもうろたえ気味。会場はざわざわ。まぁ、大事に至らずよかったよかった、とその時は思ったが、そこからが大変だった。バンダイ本社は浅草。電車が動いてない!帰れない。しばらく待って銀座までなんとか電車が動き、下車してタクシーを捕まえようとしたが、同じ事を考える人が数万人いてタクシーが捕まらない。回送中のタクシーを無理矢理止めてなんとか帰宅。
帰宅してすぐ選曲。レコードバッグに詰め込んで渋谷MeWeに出発。店長だてちんの誕生会である。ラテン中心のいつもの選曲。それにしてもゲストでライブをやったマーレーズは素晴らしかった。この人達間違いなく有名になる、と思う。こんなことを思うバンド(というかユニット)を見たのは久しぶり。マーレーズ。憶えておこう。で、うだうだ酒飲んで深夜3時に帰宅。
日曜日。代官山unitでライムスターとスクービードゥーのライブを4のK嬢と見に行く。客が若くてびっくり。あとライムスターのファンてもっとB-boyが多いかと思ったら全然違う。へぇ、と思う。ライムスターは最近の曲中心。うまい。「芸事」としてHIP HOPを成立させている。つまりは上質なエンターテイメントということ。それからスクービードゥー。これもよかった。彼らは大学の時に所属していたブリティッシュビート研究会(略してブリ研)の後輩だそうだ。僕の5つくらい後輩らしい。在学中には会った事がなかったけど。彼らのライブを見るのは2回目、1年ぶりに見るのだけどかなり上達していて驚いた。バンドの音が固まりになっている。ちょっと誉め過ぎかもしれないけど、21世紀のPUB ROCKだと思った。MAXIMUM R&Bですよ彼らは。ということはちゃんとブリ研の伝統がrootsとして感じられると言う事。Tight'n Upをカバーしてライムスターとセッション。これが最高潮。いやはや面白いもんを見せてもらいました。
やっぱ現場やね。現場。
[PR]
by seed_for_thought | 2005-07-26 00:33 | Life
<< 猟盤日記:7月まとめて報告 KUMA×DRUNK DRAG... >>