猟盤日記 6月〜7月にかけて
a0031719_2211974.jpg最近、猟盤日記を更新していないからといってレコードを買っていない、というわけではないのです。むしろ、ここに書くのが面倒くさくなるほどレコードを買い過ぎてしまってるのでした。でも放っておくとこのまま報告するのがもっと億劫になってしまうので、気合いを入れて報告します。ってここ見てる人も少ないですけどね。あくまで自分のため。○はシングル12吋、●はシングル7吋、◎はアルバムです。特に注記がなければアナログです。全部で26枚。

01◎Monkey Business / the Black Eyed Peas
02○Across the Sky / Space Cowboys
03◎Voodoo-Party / James Last
04◎Salsa Sexy / Caunedo y su orquesta
05◎Buyu / Jose Mangual
06◎Superimposition / Eddie Palmieri
07◎the Best of El Chicles / El Chicles
08◎Even Now / Barry Manilow
09◎the Cisoco Kid / Reuben Wilson
10◎the Hits : Reloaded part. one / Kool & the Gang
11◎今年の夏はモア☆ベター / 森高千里
12◎Last Tango in Paris / O.S.T (写真)
13◎Urban Thermo Dynamics / Urban Thermo Dynamics
14◎Other Directions vol.1&2 / Nicola Conte
15○Covers EP pt.2 / V.A.
16○Remixs / Victor Davis
17○Chicago Boogie / V.A.
18○G.T.A. / Ced Twice
19○Can I Kick It ?(the VON TRAPP mix) / A.T.C.Q.
20○Getting over you / Hiroshi Fujiwara
21○Make up your mind / Aurra
22○This will be a night to remember
23○Helplessly / Moment of Truth
24◎Disco heat / Kenny Dope
25●Dance Hall Fever / Half Pint
26●Bullet with butterfly wings / Smashing Pumpkins





1はB.E.P.の新譜。前作からのメジャー路線に失望している人もいるようだけど、こういう開き直ったメジャー路線というのも嫌いじゃない。Stingをゲストに呼んでEnglishman in N.Y.の翻案みたいな試みはベタだけどDJする時には重宝する。(わかりやすいツカミに使える、という意味で。)
3は新宿unionのラテンコーナーで。パーカッションアルバム、といったらいいだろうか。Sly & the Family Stoneのカバーをいくつかやっていて、Everyday Peopleが良い。4も同じくラテンコーナーで。ここ最近買ったsalsaの中で最も良かった。くどくない、小粋なsalsa。夏にもってこいな感じ。"GEMA"というレーベルで、どうやらメキシコのレーベルらしい。このレーベル、ちょっと集めてみようと思う。8は近所のレコード屋で100円。コパカバーナ収録。これが思いのほか良いのでびっくりした。DJの時に十分使える。というか、当時はDJの為に作られたディスコ曲だったんだろうけど。
*
10以降はCISCOの閉店半額セールで買ったもの。
Kool & the Gangは有名曲を最近のアーティストとコラボしてセルフカバー、というもの。昨年出ていたらしい。Summer Madnessにローレン・ヒルとユッスンドゥールが参加していたので期待していたのだが普通だった。他にジャミロクワィなどが参加。11の森高はバカにするなかれ、細野晴臣がプロデュース。カリプソ風の曲が入っていて良い。どーせ半額だし、こういうのも買っておくか、と思って買ったものが良い内容だとうれしくなる。
12、今すごくタンゴに興味があるし、映画のサントラだけどジャケもなんかいいし。ということで買ってみた。で、これがここ最近買ったレコードの中で一番のお気に入りになっている。純粋なタンゴかというとそうではないけれど、ほどよくJazzの味付けがされていて、全編素晴らしいアレンジ。
13はMos Defがデビューする前に組んでいたというHIP HOPユニットのアルバム。シングルは一曲持っていたけど改めてアルバムを購入。結局、シングルで聴いた事のある曲が一番良くて、あとは全然今の気分じゃない。
17は80年代終わり頃のシカゴのHouseのコンピ。4曲入り。Frankie Knucklesとか今聴くと新鮮。19はなぜかHouseコーナーにあったので自分が持っていないremixだと思ったら、持ってた。orz
21-23はsalsoulの再発盤シリーズ。いわゆるロフトクラシックというか、ガラージというやつですな。で、24はKenny Dopeのガラージの雰囲気を今に伝えるコンピレーション&MIX CD。
25はこれも今聴くと懐かしくて、新鮮なダンスホールもの。26は試しに買ったがイマイチ。

以上。
[PR]
by seed_for_thought | 2005-07-10 22:02 | Vinyl+Music
<< ドラマ電車男のオープニングの曲... iPod photo 30GB購入 >>