猟盤日記:THE GOLDEN ERA OF DIXIELAND JAZZなど
三連休もあっと言う間ですね。土曜日は買い物へ。新宿であれこれ散財した後、高田馬場の裏通りにあるレコード屋へ行く。そこで買ったのが以下。

1◎THE GOLDEN ERA OF DIXIELAND JAZZ / V.A.
2◎TEARDROPS KEEP FALLIN' ON MY HEART / CHUCK JAKSON
3◎FORMIDABLE! / CHARLES AZNAVOUR
4◎FULL STEAM AHEAD / THE MONTY ALEXANDER TRIO
5○I'LL BE THERE / FINESSE & SYNQUIS
6○SHARP AS A KNIFE REMIX / BRANDON COOKE FEATURING ROXANNE SHANTE
7○ASH WEDNESDAY / 川島なお美

これだけ買って3,000円。安い。




1は50年代のDIXIEものコンピ。こういうのは音が悪いのが多いけど、これはちゃんとしていた。
2は70年のMOTOWN〜VIPから。THE SOUND OF YOUNG AMERICA
3はフランス人のジャズボーカルもの。シャア・アズナブルってこの人の名前からとったのかなぁ。
4のMONTY ALEXANDERはピアニストでもあり、別の作品ではスティールパンも叩いている。ストーンズのSATISFACTIONをカバーしていたので購入、高速ブギーアレンジでした。
5と6は88年のHIP HOP、たいしたことない。
7は21円!だったので。なお美タンがまだワインの味など覚えていないであろう83年の作品。レコード盤がハート形シングル。B面の”右半分のドジな恋”(ナレーション)のナレーションに激しく反応した。なお美タンが週末の恋人たちの過ごし方を妄想たっぷりに語ってくれる。
[PR]
by seed_for_thought | 2005-03-21 22:33 | Vinyl+Music
<< ワーナーとセガ、『マトリックス... そして、みんなクレイジーになっ... >>