過去半年間に購入したCDの枚数、47.5%が「1〜4枚」
過去半年間に購入したCDの枚数、47.5%が「1〜4枚」
 音楽情報サイト「OngakuDB.com」を運営する飯原経営研究所は2月4日、「音楽とカーライフに関するアンケート」の結果を発表した。調査対象は、OngakuDB.comのモニター参加者で、有効回答数は1425人(男性37.8%、女性62.2%)。

 これによると、過去半年間に購入したCDの枚数は「1〜4枚」が47.5%。次いで多かったのは「0枚」で18.7%。半数以上の人は、平均すると1カ月に1枚以下しかCDを購入していないことになる。一方で「30枚以上」と答えた人も3.7%いた。

 過去半年間に購入したDVDの枚数をたずねたところ、半数近くの43.7%が「0枚」だった。

 CDショップに訪れる回数でもっとも多かったのは「月に1回程度」(30.4%)。だが「2〜3日に1回程度」(2.8%)、「週に1回程度」(13.3%)、「2週間に1回程度」(19.9%)を合計すると、7割近くは最低でも月に1回はCDショップを訪れていることになる。
以下略、続きはリンク先

*
以前、こちらのエントリーでも紹介したように、世の中自分が考えているよりも音楽を購入している人は少ないようです。それにしても、こういうリサーチが相次いで発表されるのはなぜでしょう?
不振のレコード会社のマーケティング担当が高い金を出してこういうマーケットデータを購入しているのでしょうか。
*
追記
昨日は朦朧としながらエントリーしたから気がつかなかったけど、「7割近くは最低でも月に一回はCDショップを訪れている」というデータは興味深い。でも、買わない。「買わせるためのあと一手」というか「買ってもらうためのもう一工夫」こそが、マーケティングが考えなければならない最重要課題ではなかろうか。あとちょっと背中を押してあげられるきっかけ。
[PR]
by seed_for_thought | 2005-02-21 00:28 | Vinyl+Music
<< ナタデココ、次世代の薄型ディス... 戦後民主主義のリハビリテーション >>